店舗型自動車保険の選び方について

自動車保険には2つのスタイルが

自動車保険に加入するときには、店舗型の自動車保険とダイレクト型の自動車保険の2つのスタイルから選んで入ることになります。店舗型の自動車保険は代理店型自動車保険とも呼ばれ、店舗のスタッフを通して契約をします。一方ダイレクト型の自動車保険は通販型とも言われ、インターネットや電話などを利用して損害保険会社と直接契約を結ぶスタイルです。

1998年に保険業法が改正されたのをきっかけに保険会社が保険料を自由に決めることが出来るようになったため、安さが特徴のダイレクト型が徐々に広まってきました。また代理店を通して契約する店舗型も根強い人気があり、業界のシェアでも大部分を占めているほどです。

スタッフから直接話を聞きたい、事前に相談もしたい人なら店舗型を選びます。コストを重視するならダイレクト型と、使い分けることも大切です。

店舗型自動車保険を選ぶときのコツ

店舗型自動車保険を選ぶときには、保険の販売を専門に行っている専業代理店に相談します。自動車保険を扱っている店舗には専業代理店と副業代理店の2種類があり、専業代理店は保険の販売だけを、副業代理店は保険販売以外も行っているのです。副業代理店でもしっかりとしたサービスを受けられることもありますが、やはり専門知識を豊富に持っていると言われているのが専業代理店です。また副業代理店の中には契約だけは出来ても事故の対応は行っていないという店舗もあるので、なるべく保険販売だけを行っている専業代理店を選びます。 スタッフの対応を見ることも重要で、分からないことを積極的に質問してみます。色々な知識を教えてくれたり、的確な答えが返ってくるのか見極めるのです。知識不足の担当者だと不安ですし、自分に合った保険に加入するためにも、コミュニケーションを取るようにすることがポイントです。