店舗型の自動車保険に入るデメリットとは

自分に必要な保険を選ぼう

自動車保険を選ぶときの定番のスタイルは、代理店を通して契約を結ぶ店舗型です。最近はよく通販型と比較をされていますが、店舗型のデメリットの一つは保険料が高くなることではないでしょうか。直接保険契約を結ぶのではなく中間に代理店が入っているので、彼らの賃金や店舗の賃貸料などの料金も加味された上で料金が決まるため高くなってしまっています。構造上高くなってしまうような仕組みになっていると思えば分かりやすいでしょう。代理店の取り扱っている保険会社はお店によって異なるため、選ぶお店によっては保険の選択肢に幅がなくなることがありますので、一店舗だけで選ぶのではなく幾つかの店舗で提案をしてもらって比較してから決めると納得できます。

保険を使う時の対応は?

店舗型で保険契約をした後、実際に事故があった時にはどこに連絡をすればいいのか分からずに右往左往してしまいますが、とっさに契約した店舗へ相談するという方が多いです。店舗スタッフも状況を聞いてアドバイスもしてくれて保険会社に取次ぎをしてくれるのですが、夜間や休日だと代理店に連絡しようとしても、営業時間外で受け付けてもらえません。結局は自分自身で保険会社に直接連絡をした方が、対応もスピーディーだったりします。デメリットもありますが、対面だからこそ安心できるというメリットもありますので、必ずしも店舗型が利用しにくい訳ではありません。保険の内容は難しい部分もありますので、料金だけでなくサポートにも目を向けながら選ぶようにしましょう。