もっと保険料を安くする方法とは

通販型保険同士をしっかり比較

自動車保険には自賠責と任意があり、自賠責はどの保険会社でも同じなので比較する意味はありません。一方任意は基本的にすべての保険会社で異なります。対人損害賠償を無制限にするシンプルな保険でも、加入する人の年齢や車種などによって各社で保険料が異なる仕組みです。そこで通販型保険同士をしっかり比較して最も安い保険会社を探しましょう。比較サイトを利用すると自分自身の条件を一度入力するだけで複数会社の見積もりがもらえるので、その中から最も安いところを選べば保険料を安くできます。その他各社のホームページで見積もりをして金額を知る方法も試してみましょう。更新前ギリギリだと比較できる件数にも限りがあるので、余裕があるときに調べておくと良いでしょう。

テレマティクス保険導入会社を検討

自動車保険は損保会社から提供されていて、各社が常に新しいタイプの保険商品を出しています。通販型保険会社はコスト削減をした安い保険商品で知られていますが、テレマティクス保険と呼ばれる商品を出しているところもあるので検討してみると良いでしょう。こちらはドライバーの特性を自動車に取付けたIT機器を通じて収集し、それに基づいて保険料が決まる保険になります。常に安全を意識した運転をしていれば事故を起こしにくいドライバーと認識されるので、保険料を安くできるかもしれません。タイプとしては走行距離をチェックするものと運転特性をチェックするものがあり、距離が短かったり安全な運転を心がけるようにしていると保険料を安くできます。